FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アーサーとミニモイの不思議な国』

アーサーとミニモイの不思議な国 DTSスペシャル・エディションアーサーとミニモイの不思議な国 DTSスペシャル・エディション
(2008/01/25)
フレディ・ハイモアロバート・デ・ニーロ

商品詳細を見る

 家族がレンタルしていたのを視聴。

 主人公のアーサー(10歳)が、金のない家を土地開発業者に売り飛ばさずに済むよう、冒険家だったおじいちゃん(現在行方不明)が庭に隠したと言うルビーの山を探すため、自身の身体を小さくし、小さな民族「ミニモイ」の元へと訪れる……という話。ちなみにリュック・ベッソン監督作品。

 とにかく、王女のセレニアが美人で良い。年齢の設定は1000歳(人間で言うところの10歳らしい)ということだが、かなり引き締まった体型をしている。子ども向けの映画に出てくるヒロインって、何気にスタイルが良いのが多いのは、子どものセクシャルな部分を刺激するためなんだろうか。

 個人的ベストショットは、小さな身体で自宅の庭を旅するアーサー一行が、船に乗って川を下っている場面。目前の滝から逃れるため、セレニアの胸当てに使っているヒモを使う場面は、かなりエロかった。ヒモが使われている間、ずっと胸を片手で抑えるんだねえ。これが、もう凄いエロいんだねえ。思春期前の純情ボーイの中には、このシーンを思い出して、夜中に悶えるヤツもいることだろう!

 作品としては、かなり無難な内容。まあ、子ども向けだろうからね。片手間に楽しむことの出来る感じ。ただ、全体から匂ってくる雰囲気は、なかなか悪くない。アーサーの自宅の開放的な感じとか、良いよなあ。ただ、ちょっと有名人キャストを起用しすぎな気もしたけど。タカアンドトシが演ってるとは思わなかったなー。あと、「分かっちゃいるけどやめられない」が出たのには笑った。植木等追悼?

 続編もあるらしい。面白いかなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。