スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箕輪はるかはまだか。

ハリセンボンというコンビの最大の弱みは、ボケ役・箕輪はるかの自己主張の弱さにある。箕輪といえば、大喜利に関しては異常とも言えるほどの発想を見せる芸人だ。例えば「“ウンコ”にはハエがたかります。ものすごいウンコには?」というお題に「シャキシャキのレタスを添えて」、「小泉首相が落ち込んでいます。元気付けてください」というお題に「二次会でとりかえせばいいじゃん!」と、他に類を見ない奇抜な回答を見せつける。この独創性を思うと、彼女は確かに芸人として特異な才能を持っていると言えるだろう。

ただ、この発想力は、彼女たちの本芸である漫才・コントではあまり発揮されていない。ハリセンボンのネタについて思い出してみると、その笑いの多くは、箕輪にイジられている近藤の悲惨な表情、或いは叫びによるところが多く、箕輪ならではの発想による笑いは殆ど顔を見せない。結果、箕輪は顔の特異性ばかりが注目されるようになり、“ハリセンボンといえば近藤春菜”というイメージが根付いてしまったように思う。事実、箕輪が結核で倒れたとき、ネット上で「倒れたのが近藤じゃなくて良かった」などという書き込みを何度も見かけた。少なくとも、世間では箕輪よりも春菜の存在に価値を感じているのである。

先日の『めちゃイケ』の企画“めちゃ2ツアーズ”における近藤春菜と鳥居みゆきの激闘ぶりは、そんな箕輪の弱さについて改めて考えさせられるものだった。

ボケなのか素なのかも分からない傍若無人な暴走を繰り広げる鳥居と、そんな鳥居に気圧されながらも空気を一瞬にして集中させる必殺の一言を切り返す近藤の戦いは、まさに圧巻の一言。次世代のお笑いを担っていくだろう二人の共演(もとい狂宴)は、これからのお笑いが決して暗いものではないということを、確かに証明していた。

だが、考えてもみると、鳥居の役割は本来ならば箕輪が担うべきポジションである。少なくとも、ハリセンボンが披露しているネタの構成は、今回の企画と同様、春菜を追い込むだけ追い込んだところで爆発させる流れであることが多い。しかし、今回の企画は、それらのハリセンボンのネタよりも、ずっと面白いものだった。理由はハッキリしている。コントにおける箕輪の追い込みが、単なるベタで理不尽な切り替えしであるのに対し、今回の企画における鳥居の追い込みは、多角的で不条理な一方的攻めであるため、箕輪のそれよりも春菜を爆発させられていたからだ。

今回の企画は、恐らく箕輪の休業中にハリセンボンという存在が忘れられないようにするために作られた、スタッフの心配りによるものだったのだろう。が、その結果、現在の箕輪は春菜の相方としては些か力不足である、という事実が露呈されてしまった。恐らく今後、春菜と鳥居は幾度と無く共演を果たし、その度に素晴らしい功績を残してくれることだろう。その姿を見て、箕輪は隠れた爪を剥き出そうとしてくれるかどうか……。

いずれにしても、箕輪が帰ってこないことには話にならない。彼女には一刻も早く復帰してもらい、再び春菜とのコンビを復活させ、この二人ならではの笑いを見出すための手法を生み出してもらいたいものである。果ては女版“さまぁ~ず”か、女版“130R”か。どっちにしても、期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

近藤さん一人では不安視?されているのかもしれませんが、元々数ヶ月前にコンビで来ていたオファーは
さんま御殿なら小島よしお、しゃべくり007なら友近とか、お昼の番組とかでもはるな愛やノンスタイルなどがつけられていますよ。
さんま御殿のときにもさんまさんが言ってました。
多分めちゃイケもコンビでオファー来ていたと思われるんですが、どの番組出ても正直近藤さんと共演者の交互能力の高さばかりが目立って、「箕輪さんいらないんじゃ?」と逆に視聴者に思わせてしまうような(苦笑)
今のところコンビの司会番組も近藤さん一人で全て進行してますからねぇ。

ハリセンボンは各々個人での能力は高いですけど意外と相性よくないのかな?と思います。。。

コンビとして出始めていた頃は、「とりあえず春菜さんが前に出て、後で箕輪さんがついてくる感じの作戦なのかな?」と思っていたのですが、まったく出てこずで。コンビとしての方針が見えてこないと言うか、どうなりたいのか分からないというか。

どうも、早くから評価されてしまったために、そこで成長が止まってしまっている感があります。いや、実際のところ、彼女たち自身も何か考えているのではないかとは思うのですが…どうなんですかねえ、本当に。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。