スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月十日放送 感想文

パンクブーブー『漫才:驚かせてシャックリを止める』(477kb)
一本モノの漫才なんだけど、色々なパターンで笑わせてくるところが上手い。勢いが止まらないんだよなあ。本当に上手い。こっちが文句をつけるスキが、まったく無い。凄いなァ、もう。オチのグダッとなる感じは味だけれど、あんまりやらないほうが良い気もする。今回は特にグダッてたなー。

ラバーガール『コント:不動産屋』(477kb)
大水の空気読めないキャラクターも、飛永のマジメなキャラクターも、安定して面白くはあるんだけれど、やっぱり飽きが来るなあ。どうも、彼らの先輩のドラドラやキンコメのバラエティに富んだコントと比較してしまう。もうちょっと世界観を広げてほしいんだよなあ。

オードリー『漫才:こわい話』(441kb)
よく考えてみれば、ここもラバーガールと似たような雰囲気を覚えるなあ。片方が空気読めないキャラクターで、もう片方がそれをいなすという。途中まではそこそこ面白かったけれど、終盤の泣かせる展開はイマイチ。今、色んなところで消費されているコンビなので、早めに新しいネタを仕込んでおかないと、厳しいことになるかもしれない。多分、自覚しているとは思うけれど。

ぼれろ『漫才:水戸黄門』(445kb)
昔の5番6番みたいだなあ。まあ、5番6番はここまでネタがとっちらかってはいなかったけれど。ギャグ自体は悪くなかったんだけどなあ。無駄に完成度の高い「オタク」「チャラ男」キャラとか。ただ、ネタの流れがとにかく酷い。そこを改善すれば、もっと見られたものになるかと。どうでも良いけど、ネタ中に演じたおじいちゃんキャラ、どっかで見た気がするんだけれど……なんだったかなあ。

ヒカリゴケ『漫才:野球の監督』(469kb)
こっちはそこそこ面白かったなあ。ただ、片山のボケの質が、なんとなく吉本芸人っぽかったのが、ちょっと気になった。あの女子キャラは面白かったなあ。終盤の怪しい勧誘みたいな監督は、かなりリアリティを感じたけれど、そういうセミナーに通った経験があるんだろうか。

・オフエア組
大脇里村ゼミナール(413kb)
アイデンティティ(317kb)
ロビンフット(293kb)
モンスターエンジン(265kb)
虹の黄昏(245kb)

昨年のM-1敗者復活での漫才を観て以来、気になって仕方ない大脇里村ゼミナール、400を越えるもオフエア。通常回での再挑戦に期待したい。前回オーバー500だったアイデンティティ、今回はオフエア。『神様コント』で話題のモンスターエンジン、通常の漫才は厳しい。漫才の賞レースでは高評価なのになあ……。

・オンバトヒーローズ:エレキコミック

・次回
UNDERPOINT(初)、Yes-man、いとうあさこ、イワイガワ、お先にどうぞ
ギャロップ、しんのすけとシャン、ハマカーン、5GAP、風藤松原

ムチムチした体型が一部でマニア受けしているといういとうあさこ、今回はレオタードで舞う! 年齢を考えろ! 同じく、よく分からない格好をしていたイワイガワ、何をするつもりなんだ。前回のオンエアで卒業すると思っていたハマカーン、まだまだ出る気があるらしい。これで出場回数がバカリズム、テツandトモ、田上よしえと並ぶことに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぼれろのおじいちゃんキャラは「流れ星」じゃないでしょうか?

ああ、そうですそうです。
流れ星のちゅうえいさんっぽかったですね、あの老人。
ありがとうございます。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。