スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『板の上~これが、矢野・兵動だ!~』

板の上 ~これが、矢野・兵動だ!~[DVD]板の上 ~これが、矢野・兵動だ!~[DVD]
(2009/06/24)
矢野・兵動

商品詳細を見る

兵動大樹は漫談家ではない。しかしながら、そのトークの組み立てかたは漫談家のそれである。兵動が一人で舞台に立って、トークを繰り広げるライブ『兵動大樹のおしゃべり大好き。』を観れば、そのことがよく分かる。日常のさりげない風景を言葉と動きだけで丁寧に再現し、その状況下における自らを含めたトーク世界の出演者たちの心境を事細かに分析、そして誰も予想できないような意外性を含んだオチをさりげなく披露し、観客を爆笑の渦へと巻き込んでいく。その美しく自己完結していくトーク構成力の高さは、どう考えても漫談家の手腕によるものだ。

しかしながら、兵動大樹は漫談家ではない。漫才師である。漫才師ということは、相方が存在している。相方が存在しているということは、一般的にどちらかがボケ役であり、どちらかがツッコミ役であるということだ。つまり、兵動大樹が漫才を演じる時、彼はボケないしツッコミを演じているということになる。ところが、漫才師を演じているときの兵動は、フリートークの時の彼と大して変わらない。あくまでも、日常の中で体感した出来事を、自己完結していく構成の漫談として披露している。それなのに、兵動大樹は漫談家ではなく漫才師だ。何故、彼は漫才師を続けているのか。

矢野勝也は漫才師である。1990年に兵動大樹と漫才コンビ「矢野・兵動」を結成し、数々の漫才賞を受賞している。昭和の関西芸人をイメージさせるトークが印象的で、一部では「横山やすしの再来」とまで言われているとか、いないとか。矢野・兵動の漫才における矢野の仕事は、ツッコミだ。ただ、いわゆるツッコミとは少し違っている。兵動の日常的なトークに、ツッコミと見せかけたアシストやリアクションを取るのが、彼の仕事だ。それはいわゆる、カレーでいうところの福神漬やらっきょう、ラーメンでいうところのナルトやメンマ、寿司でいうところのガリやサビに当たる役割だ。以上のことを考えると、矢野・兵動の漫才におけるパワーバランスは圧倒的に兵動へと傾いている……と、考えて当然だろう。

ところが、実際に矢野・兵動の漫才を観てみると、二人のパワーバランスは限りなくイーブンに近いことが分かる。よくよく見てみると、単独トークライブにおける兵動大樹と、矢野・兵動として漫才を繰り広げている兵動大樹には、大きな違いがあることが分かる。前者における兵動のトークは客席に向けられているのだが、後者における兵動のトークは矢野に向けられているのである。つまり、兵動は兵動で矢野のリアクションを引き出すために、漫談を展開しているのだ。意図的なのかどうかは不明だが、矢野・兵動はさりげなく持ちつ持たれつの関係にあるコンビなのである。

独自の観察眼と巧みな話術を持った兵動大樹と、昭和の芸人然とした大袈裟でエネルギッシュな言動を持って兵動のトークに反応し続ける矢野勝也によって結成された矢野・兵動。そのあまりにも日常的な世界観の中で繰り広げられる漫才は、それほどテレビバラエティ向けであるとは言えないのかもしれない。しかし、だからこそ矢野・兵動の漫才は、多くの人々に共感を与える。過激で自己主張の強い笑いが注目される現代のお笑いブームにおいて、彼らが注目され始めているという現状は、かなり興味深い。コンビ結成から、間もなく二十年。矢野・兵動が天下を獲る日が、ひょっとしたら近付いているのかもしれない。


・本編(82分)
2009年1月31日「漫才病」の様子をノンストップ収録。

・特典映像(78分)
「漫才病にうなされた矢兵の5日間」
「漫才病でいつもの…」
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[DVD]矢野・兵動 「板の上」

大阪のベタベタなしゃべくり漫才師、矢野・兵動が気になってます。矢野・兵動のDVD「板の上」は、約90分、延々しゃべり通し! 今までみてきたお笑いDVDは10分くらいのネタが何本も入っているつくりなのに…一度も舞台をはけず、しゃべり通すその腕と舞台力。ベタベタだけ...

コメントの投稿

非公開コメント

アローフィールド・アーミームーブ(多分違う)

好きなコンビなので、とても面白く読ませていただきました。
ここにきて矢野・兵動に注目が集まっているのは、今のお笑いの流れと違うものを見たい人たちが増えてきているからでしょうか……?
このDVDもそうなんですが(特典!)何だかいらない人扱いされてる矢野さんを評価してくださったのが嬉しいです。
「おしゃべり大好き」の時に、兵動さんは狂気が無い為に全国区は難しいのではと、返答していただきましたが、今はどうでしょうか。
イロモネアがそうだったように、矢野さんがいればあるいはと、私は思ってしまうのですが。
それではまた。

No title

実際のところ、矢野・兵動が全国区で天下を獲るのは、やっぱり難しいんじゃないかと思っております。というのも、矢野・兵動が二人で漫才をやっているとですね、あまりにも関西色が強くなりすぎてしまってる気がするんですよ(主に矢野さんのせい)。その関西アクの強さが、果たして全国に通用するのかどうか。僕はちょっと、想像できません。ただ、関西を中心に活動している芸人として、全国区の番組にちょくちょく顔を出すというようなプロモーションのかけかたは出来るんじゃないかなあ、と。ただ、漫才師として、或いはフリートークの話し手として、矢野・兵動は十二分に天下を獲れる技術は持っていると思います。目指すは兎角、関西キングでござんす。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。