スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『爆笑トライアウト』七月六日放送感想文

ゴールドラッシュ(トゥインクル)
ラブコメアニメの定番シーンから、アンパンマンの実写化漫才。冒頭の「涼宮ハルヒです」に苦笑い。天津の対抗馬がようやく来たって感じだな。ネタ自体はカレーパンマン・食パンマンをグロい感じに実写化するというベタな感じだったけど、漫才師としての技術の高さが上手くカバーしていた印象。

JJポリマー(ホリプロコム)
「現実逃避世界大会」コント。コンビの片方が実況・解説を担当し、もう片方が演技を披露するというお馴染みのスタイル。これを最初に始めた人って、誰なんだろう。「更にネカマ!」で再び苦笑。なんだかオタク臭いネタが続くなあ。シチュエーションは面白かったけど、やや笑いの量が少なかったかな。

ニッチェ(J・D・W)
落ち込んでいる女友達を慰める漫才。江上さんの冷やかなボケかたが、どうもNON STYLE石田を彷彿とさせる。別モンだけど。やたらと相談を終わらせようとしたり、自分の方が辛いという話をしてより落ち込んでしまったりする展開がとてもベタだったが、こちらもゴールドラッシュと同様、技術の高さでカバーしていた感。

三浦マイルド(大阪吉本)
『爆笑レッドカーペット』でも披露していた、悪夢スタイルで見せる一言ネタ。ネタ自体のクオリティはなかなか高かったと思うが、無理に畳みかけようとしたせいで、ひとつひとつが心に響いてこなかった。ネタを詰め込もうとして、失敗してしまったかな。構成も、急にネタから入るんじゃなくて、リアルに悪夢っぽい寝言を最初に提示してから、ネタに入るようにした方が良いのでは。

ジューシーズ(東京吉本)
牛丼屋コント。なんとなくジャングルポケットを彷彿とさせる流れで、単なる類似品になるのかと思っていたけど、赤羽さんの可愛いキャラで思わず爆笑。ただギャップを利用しているだけだけど、実に良いギャップだった。でも、ただ赤羽さんのキャラクターに頼るだけじゃなくて、ちゃんと松橋さんにも見せ場を作っていたのが良かったな。好感持った。

マッチポンプ(松竹芸能)
修学旅行と社員旅行を比較する漫才。社員のカツラで遊ぶ展開を何度も繰り返していたけど、あんまり印象に残らなかった。面白くなかったわけではないんだけど、もうちょっと引っかかるものがなかったような。終盤に持ち出してきたハーモニカも、完全に蛇足。

遊び屋(マセキ芸能社)
昼ドラについて話から、三角関係をテーマにした漫才。最初にフリに使ったプロテインを、最後の展開で復活させていたあたりに上手さを感じたが、肝心の漫才はマッチポンプと同様、ちょっと引っかかるところがなかったな。

100W(ワタナベ)
相方イジリを噛むな! その時点で、もうアウトみたいな感じになっちゃってたような。ネタは童謡の歌詞イジリから童謡の替え歌漫才。こういうネタは、ピン芸人のエハラマサヒロがかなりのクオリティを発揮しているので、なかなか難しい。最後に長渕が出てきたのは、ちょっとおもしろかったけどなあ。

レッドクリスマス(SMA)
「メリーさん」をテーマにした漫才。粗雑な漫才を披露しそうな見た目に対して、ネタはかなりしっかり。こういうオーソドックスな漫才が出来ると、後で色々と強みになりそうな気がするな。アイデンティティを問いかける「私って、メリーさん?」というボケに、妙な深さを感じた。たぶん、気のせい。

夙川アトム(Ash&D)
しゃっくりが止まらない歌手の一人コント。「しゃっくりが止まらない」という設定は面白かったけど、歌手である必然性はあまり感じなかったような。いや、でもやっぱりクオリティは高いな。「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」のくだりとか。でも、もうちょっと歌手ならではの要素を組み込んだボケが欲しかったなあ。

以下、結果。(BGMがMJだ!)
 
・観客投票
ゴールドラッシュ(453tp)
ニッチェ(425tp)
ジューシーズ(397tp)
レッドクリスマス(397tp)
100W(385tp)
夙川アトム(373tp)
JJポリマー(365tp)
マッチポンプ(257tp)
遊び屋(245tp)
三浦マイルド(169tp)

今回もトップバッターだったゴールドラッシュが高得点を記録。まあ、高得点とはいっても、かなり低いほうだけど。今回はちょっと全体的に審査が厳しかったような。レッドクリスマス100Wの高評価が、ちょっと意外。

・視聴者審査
夙川アトム(1,259票)
ジューシーズ(766票)
ニッチェ(623票)
JJポリマー(568票)
レッドクリスマス(507票)
100W(415票)
ゴールドラッシュ(370票)
マッチポンプ(262票)
三浦マイルド(216票)
遊び屋(149票)

『爆笑トライアウト』二度目の挑戦となった夙川アトムが、視聴者審査で再び高評価。これが結果に繋がれば良いのだけれども……。会場投票・視聴者審査ともに次点のジューシーズ、次回に期待したい。

というわけで、ゴールドラッシュ・ニッチェ・夙川アトムの三組が本選出場。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

夙川さんは本選オンエアバトルでアウトになったネタですね
1回目の豊もそうだったんですが、いくらトライアウトがオンエアバトルよりレベルが低いからって、落ちたネタをそのまま持っていくのはあまり有効な作戦とはいえないみたいですね。今回は本当にレベルが低かったから視聴者票で通ったものの。
しかしマイルドさんの惨敗はショックだった

とりあえずトライアウトは全てのネタがオンエアされるので、とりあえず世間の人に自信のネタを知ってもらいたい、という意図があるのかもしれません。まさに記録よりも記憶。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。