スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ズーランダー』

ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2007/11/22)
ベン・スティラーオーウェン・ウイルソン

商品詳細を見る

以前からちょこちょこお世話になっている「行かない旅」さんから勧められた映画、『ズーランダー』を観る。2001年製作のアメリカ映画で、監督はベン・スティラー。代表作は『リアリティ・バイツ』『ケーブル・ガイ』『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』など。どちらかというと、コメディ俳優としての方が有名かもしれない。出演している作品は、『メリーに首ったけ』『スタスキー&ハッチ』『ナイトミュージアム』など。いずれの作品においても、ベンは主演を務めている。凄いネ。今作においても、ベンは主人公のデレク・ズーランダーを演じている。

デレク・ズーランダーは男性ファッションモデル界のトップスター。男性モデルの第一人者として最前線に立ち続けていた彼だったが、ある年のモデル・オブ・ザ・イヤーでライバルのハンセルに敗れてしまう。落ち込んでいるズーランダーを三人のモデル仲間たちが励まそうとするが、その三人が全員ガソリンスタンドの爆発事故によって死亡。いよいよ落ち込んでいくズーランダー。モデルを辞めて、実家に帰ってみたものの、炭鉱で働いている父親や兄弟たちに鼻つまみ者扱いを受ける。いよいよ、どうしようもなくなるズーランダーは、再びモデルとして復帰することに。ところが、彼のモデル復帰の陰には、思わぬ陰謀が蠢いていたのである。

結論から言うと、面白い映画だった。面白かったんだけど、後で何が面白かったかと聞かれると、ちょっと答えに詰まる。たぶん、観ているときに、まったく頭を使わなかったからだろう。そう、この映画は何も考えずに笑えるのだ。それはつまり、視覚的な笑いがやたらと散りばめられていた、ということ。分かりやすくて、かつかなりアホなギャグが多かったということでもある。ちなみに、僕がこの映画で最初に爆笑したのは、モデル・オブ・ザ・イヤーの授賞式でのズーランダーを紹介するVTRだ。このVTRの中で、ズーランダーが「カレンダーは僕の色々な表情を見せてくれる」みたいなことをナレーションで語ってるんだけど、そこに映し出されている映像は、金太郎アメみたいに同じ表情のズーランダーばかりが掲載されているカレンダー。見せてないじゃん! 色んな表情を見せてないじゃん! この「同じ表情」ボケは、実は終盤でも披露されるのだけど、そこでも爆笑したなあ。

あ、爆笑したといえば、モデル仲間三人がガソリンスタンドで爆死するシーンも、かなり笑った。人が死ぬシーンで笑うなんて不謹慎に感じられるかもしれないけれど、でもあれは笑うしかない。だって、その場のノリでガソリンかけあって、タバコを吸おうとして爆死するんだもん。自殺じゃん! 自らで市を選んでるじゃん! この爆死した三人の姿も、終盤で再登場することになる。こっちはギャグじゃなくて、割と良い感じの扱われ方。でも、たぶんギャグだよなあ、あれ。

ギャグ中心の映画ではあったけど、その基本は海外のサスペンス映画のストーリーなので、話の筋は割りとしっかりとしていた印象がある。ズーランダーを洗脳するシーンとか、陰の事情を知っている謎の人物の登場とか。まあ、この辺のシーンは多分、他の映画のパロディなんだろうけど。元ネタが殆ど分からなかったから、フツーに楽しんでしまった。あ、でも一つだけパロディだってことが分かるシーンがあったな。2001年宇宙の旅! 元の映画は観たことないけど、あれは分かりやすかった。

これから先の人生で、そう何度も観たいと思えるようなタイプの映画ではなかったけれど、なんとなく忘れた頃に思い出して、レンタルビデオで借りてきて、時間があるときに再生してニヤッとするのには、なんとも都合の良い映画だった。主人公のズーランダーはアホだけど愚直なところもあるので、ちょっと人生の壁に突き当たってしまったときなんかに見るのも、良いかもしれない。うん。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ズーランダー #movie #eiga

機内で見た コメディ映画

コメントの投稿

非公開コメント

マグナムッ!

 楽しんでいただけたようで、勧めたものとしてはホッとしました。

 「なにも考えずに見られる」ってのは、ストーリーやテンポ、ギャグのフリなどちゃんと違和感なくできていて、見ている人の意識をずっと掴んでいられるということなのでしょう。

 ウォーキング対決とマグナムの威力には参りました。
 ふと小学生のときにやった、海水パンツを履いてから中のパンツを脱ぐヤツを思い出しました。アメリカ人の小学生もやるんでしょうか。
 まあトップモデルともなれば技の完成度が違いますけどね。

 オススメしたい作品はまだいろいろありますが、あんまりいっぱい勧めてもナンなので、また機会を見て面白い作品があったら報告します。

No title

いやー、面白かったです。
前にも書きましたが、一度観たことのある作品なんですけどね。
でも、面白かったです。

マグナムは確かに凄かったですね。
あの数回の前フリからのマグナム! でしたからね。
効き目バツグンでした。
水着ネタは、確かミスター・ビーンにもあった筈です。

また何か、教えていただければ是幸いでございますよー。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。