スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFOの軌道に乗り損ね


先日、真剣にネット上でエロ動画を探しまわっていて、うっかり『笑神降臨』を見逃してしまった菅家です。随分と情けない話ですが、事実なんだから仕方ない。そんなわけで、とりあえず再放送を待っているのですが。なかなか放送されませんね。ひょっとしたら、暮れ・正月あたりに放送するつもりなのでしょうか。……その頃には、もう忘れてしまっていそうです。むう。忘れないようにしなくては。

そんな僕の頭の中で、このところひっきりなしに流れている曲があります。その曲とは、スターボーの『ハートブレイク太陽族』です! ……まあ、おそらく皆さんご存じではないと思われますが。僕も知りませんでした。先日放送された『HEY! HEY! HEY!』で、マラソン中に心肺停止してしまったことで幸か不幸か再注目され始めている松村邦洋氏が、このスターボーについて語っているのを見るまでは。なんていうんですかね、この妙に心惹かれるサウンドに洗脳されてしまいまして。ディラン効果が止まらなくなってしまったわけですよ、ホント。

(ディラン効果:一日中そのメロディが頭から離れない。もう歌いたくないのに、気がつくとつい歌ってる。朝からずっと無意識の内に何度もハミングしてしまう。それがディラン効果(by川原泉『小人たちが騒ぐので』))

で、この曲。まったく売れなかったのですが、作り手はかなりガチンコです。作曲を担当されていたのは、あのYMOのメンバーだった細野晴臣氏。エセアニオタな僕としては、『銀河鉄道の夜』で音楽を担当されていた方、もしくははっぴいえんどの元メンバーというイメージが強いです。そして、作曲を担当されていたのは、あの松本隆氏。『君に、胸キュン。』『木綿のハンカチーフ』『冬のリヴィエラ』『星間飛行』などの名曲を作詞してきた、まさに日本歌謡界の巨匠とも言える方です。ちなみに、この方もはっぴいえんどの元メンバーです。

この豪華な二人の手によって産み落とされた『ハートブレイク太陽族』でしたが、先にも書いたように、まったく売れなかったそうです。Wikipediaによると、オリコン最高順位は98位だと……うーん。厳しいですね。この売り上げ不振を重く見たのか、スターボーは二枚目のシングル『たんぽぽ畑でつかまえて』でこれまでの「宇宙からやってきた性別不明のアイドル」という設定をかなぐり捨てて、普通のアイドル路線へと戻ってしまいます。なんとも根性の足りないスタッフです。その後、スターボーはすぐに解散を表明します。流れ星みたいに消えていったわけです。キラッ☆

でも、そんな彼女たちの曲が、こうして二十年以上が経過した今でも容易に聴けるというのは、なにやら凄いことの様に思えます。いや、むしろ今という時代だからこそ、聴けるのかもしれませんが。良い時代になったモンです。著作権とか完全無視ですけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。