スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウスを出よう、シンカをしよう

加賀谷リボーン「JINRUI」へシンカ祭り! [DVD]加賀谷リボーン「JINRUI」へシンカ祭り! [DVD]
(2009/12/18)
JINRUI

商品詳細を見る

爆笑問題、ネプチューン、くりぃむしちゅー……今ではテレビで見かけることが当たり前の様になっている彼らにも、若手と呼ばれる時代があった。テレビに出演することなく、ただひたすらライブのために心身を削っていた時代があった。そんな彼らに、テレビに出演する機会を与えた番組が、「ボキャブラ天国」だ。殆ど知られていなかった若手を起用し、ネタではなく“ボキャブラ”と称したダジャレを披露させるというスタイルを取ったこの番組は、後に九十年代後半を代表するバラエティ番組として、テレビ史に名を残している。

この「ボキャブラ天国」には、先に挙げた三組以外にも、数多くの個性的な芸人たちが出演していた。凸凹コンビというフレーズがこの上なく似合ったアリtoキリギリス、ギター片手に替え歌を熱唱していた金谷ヒデユキ、ボソボソと語る漫談によってムーブメントを巻き起こしたつぶやきシロー……それら個性的な面々の中でも、最も異彩を放っていたコンビが、松本ハウスだ。見た目に強烈なハウス加賀谷と、さらりと地味な松本キックによって結成されたこのコンビ。番組内でも高く評価されていたが、加賀谷の病気療養のために1999年、活動を休止してしまう。

それから十年後の、2009年。もう、多くの人たちにとって過去になってしまっていた彼らが、コンビ名を“JINRUI”に改名し、突然の復活を宣言。10月には復活ライブを行っている。今回、その復活ライブがDVD化することになった。当時の彼らを知る人はもちろんのこと、彼らのことを知らない近年のお笑いファンにも、必見の一枚になっていることは間違いないだろう。かつて番組で“汚れなき壊れ屋”と呼ばれた彼ら。今の時代に、彼らはどんな笑いを我々に見せつけてくれるのか。期待したい。

追記。どうも発売が延期になったか中止になったかで、amazonの予約予定から外されたみたいです。どうなるのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わくわくしますね。本ネタは漫才だっただけに、M-1出て欲しいです。
ジャリズムみたいに活動休止期間を除けばまだ出場資格ありますよね?

No title

結成年は分りませんけど、99年活動休止ならまだ資格はあるんじゃないですかね。
というか、確かコンビ名を改名したら、一度リセットになるとかいう話も…。
いや、彼らほど有名なコンビになると、もうリセットは無理かな?
M-1出てほしいですねえ。あの舞台で見てみたいですねえ。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。