スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラエティでの戦いかた

splash!! vol.2splash!! vol.2
(2009/10/31)
ブラックマヨネーズNON STYLE

商品詳細を見る

既に何人かの人が書いていますが、『Splash!! vol.2』が面白いです。いや、これがまた、尋常じゃなく面白い。前号(甲本ヒロトが表紙のヤツ)もかなり面白かったのですが、今号はそれよりもなお面白いです。まあ、M-1グランプリが特集されているから、という点が非常に大きいのですけれども。でも、ただ取り上げられているだけだったら、こんなに面白くはなかったでしょうね。

今号の『Splash!!』では、「M-1グランプリの先」が特集されています。日本一の漫才を決定するM-1グランプリを制してきた芸人たち、また現在進行形で挑戦し続ける芸人たちは、M-1グランプリという大会の先に、いったい何を見ているのか。或いは、何を見たのか。ただ単にM-1グランプリという賞レースを見つめるのではなく、その先にあるものをテーマとして取り上げているわけです。この時点で、ちょっと面白そうな雰囲気が漂っています。

それを調査するために、今号では過去のM-1王者四組(ブラックマヨネーズ、アンタッチャブル、サンドウィッチマン、NON STYLE)と、過去にM-1決勝の舞台に立ったことのある漫才師三組(トータルテンボス、笑い飯、POISON GIRL BAND)にインタビューを行っています。今回、その中でも印象的だった、ブラックマヨネーズ吉田さんの熱い発言を切り取ってみました。これを見て、今号を購入しようと思い立ってくれる人がいれば、これ幸い。
 

吉田「(バラエティ番組で心がけていることを聞かれて)熱い話ですけど、ディレクターが「こうしてくれ」っていう話をしてきますよね。それをそのままやるっていうのは、僕は二番目にいいことでしかないと思うんです。言われた通りにやらなくても、ディレクターが描いていたことよりもさらに面白いことをやるのが一番やと思うんですよね。だから言われた通りにやるということを僕はそんなに大切にしてないです。たとえば、お年寄りの街にロケに行って、「長生きの理由を探ってください」っていう番組があったとしますよね。そのルールはもちろん守りますけど、それをやりながら、ほかのこともやっぱやりたいですね。最低限のルールさえ守れば」


吉田「一番最初に言われたことそのままやってたんですよ。それで、それを見たときに、もう恥ずかしかったんですよ。「これは俺じゃないよなぁ」みたいな。犯罪を犯して有名になってる気持ち。「そんな有名になりたいんやったら、犯罪犯したら一発やんけ」と思って。それやったらもう出んでええわみたいな」
小杉「でも、テレビの仕事がなんもないときにそういう考えっていうのは、僕はけっこう根性いると思うんですよ。だから、それをなんもないときに言えるってことは、やっぱどっかおかしいと思うんですよね」
(一同、笑)
小杉「昔から言うてることが変わってないんで、そこらへんがほんと間違ってると思うんですよ(笑)。芸人になってるからいいですけど。「言われた通りにやんのがイヤ」って、もう最悪じゃないですか。だからまぁ、そういう部分の根性はあるなと思いますけど。人間としての根性はまったくないですけど(笑)」

実は、この吉田さんの発言に、当たらずも遠からずな発言をしているコンビが、今号にはもう一組いらっしゃいました。彼らの名前は、笑い飯。

西田「結局のところ、成立している番組の中で無茶苦茶なことをしたらいけないんですよ。勝手な味付けをするのは違いますから。「自由に味付けしてください」って言ってもらうならいいんですけどね。それやったら、早く自由に味付けができる自分の店(番組)を開けるようにならないとアカンのですよ」
哲夫「そんな感じですね。昔、ちゃんとせなアカン番組があって、僕らもちゃんとしようと思っていたんですよ。でも、スタッフさんから「自由にボケてください」って言われて、エエのかなと思いながらボケてみたんです。案の定、司会者の方に「ボケいらんねん」と注意されましたけどね(笑)」


哲夫「だから、ちゃんと成立している番組は無茶苦茶な自由な味付けをする必要はなくて、ちょっと柚子胡椒入れるくらいでエエんですよ」
西田「極端に言うと、以前は食べ物を出さなアカンのに、電化製品を平気で出していましたからね」

一方、この二組とは違った方面から、バラエティに切り込んでいこうとしているコンビも。彼らの名前は、NON STYLE。というか、NON STYLEのイキりの人こと井上さん(テレビ関係の話になると、石田さんがまったく喋らなくなってしまいました)。井上さんが目指しているのは“使い勝手のいい芸人”なのだそうです。

井上「おもろいことも言えるし、裏で仕切ることもできるし、みたいな。品川さんもそうですよね。僕はそういう芸人さんになりたいです。いまね、司会者の枠がないので。ないんやったらないなりにやっていかないと仕方ないんで、“裏回し”というかね、そういうポジションに早く行けるようになりたいです」

色々な道がありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。