スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『bananaman live wonder moon』

bananaman live wonder moon [DVD]bananaman live wonder moon [DVD]
(2009/12/16)
バナナマン設楽統

商品詳細を見る

バナナマンがバラエティ番組に出演している。彼らが既に名の知られた存在になっている今となってはごく当たり前の光景だが、一昔前には考えられなかった状況だ。かつてのバナナマンは、メジャーと呼ばれる場所から最も離れた、とてもアンダーグラウンドなポジションにいた。ちょっと油断したら誰かが死んでしまうような、独特の緊張感がある舞台を演じていた。そんな彼らが、今ではごく普通にバラエティ番組に出演し、テレビ芸を展開している。いくら諸行無常の世の中とはいえ、随分と変わったものである。

しかし一方で、変わらなくても良かったものが変わってしまうこともある。テレビへの露出量が増えることにより、メンバーの一人である日村の容姿が露骨にイジられるようになったのだが、その傾向が、ライブにも反映されるようになったのだ。あえて日村の顔に深くは触れないコントを作り続けてきたバナナマンにとって、それはあまりにも大きすぎる変革だった。その結果、一時期のバナナマンのコントは、かつてのアングラ風味な世界観に、日村の容姿イジリを中途半端に組み込むことによって、非常に残念な仕上がりとなっていたのである。……という話は、以前に書いたので省略する。ここまで書いておいて、なんだけど。

そんなこんなで、本来の持ち味を見せつつも自然に日村の容姿イジリを組み込んだコントを生産できるようになったバナナマン。単独ライブの完成度も年々向上しており、特に前回の公演『疾風の乱痴気』は非常に素晴らしい出来だった。そんな彼らの最新単独ライブ『wonder moon』。ここ数年の単独ライブのテーマだった“花鳥風月”シリーズの最後に当たる今作は、前作の傾向を残しつつも、よりファンタジー色の強い、とても幻想的な雰囲気に満ちたライブになっていた。テーマが“月”だということが、大きく関係しているのかもしれない。

実際、ライブで披露されているコントの多くは、そのシチュエーションからして幻想的だった。月に帰らなくてはならない日村と設楽の友情物語『wonder moon』、日村が演じる奇妙な妖怪と少年の交流を描いたジュヴナイルコント『the melancholic』、謎な男に惹きつけられていくフリーライターのドラマ『4』など。それらのコントによって構築された今作は、まるで一つのファンタジー小説を読んでいるかのように、非現実的な世界へと僕らを飲み込んでいくのだった。

……が、ある幕間映像をきっかけに、僕らは現実へと急速に引き戻される。その映像とは、最後に収録されているコント『swear to the moon in Hawaii』の直前に収録されている「日村はコーラを2秒で飲めるか?」だ。……タイトルだけで、なんとなく内容は想像できるのではないだろうか。恐らく、その想像は当たっている。コーラを2秒で飲み干すと宣言して一気にあおってみせるが、炭酸の勢いで何度も吹き出してしまう日村の醜態は、僕らを幻想的な世界から現実に引き戻すのに十二分過ぎるほど強烈なものだった。

もし、最後の最後までライブの雰囲気を幻想的なものとして完成させていたとしたら、きっとこのライブは各方面から称賛を浴びていたことだろう。でも、彼らはそれをやらなかった。いや、出来なかったのだろう。これはあくまで妄想だが、彼らはそのままの空気を維持したままライブを終わらせることに、何か恥ずかしさの様なものを感じていたのではないだろうか。まあ、そういうところが、彼らの良さと言えるのかもしれないが。

来年の単独にも、また期待したい。


・本編(138分)
「wonder moon」「hasty」「不良」「the melancholic」「月とすっぽん」「4」「冷蔵庫のあまりもので作るおかず」「Happy Birthday」「稽古場にて」「赤えんぴつ」「日村はコーラを2秒で飲めるのか?」「swear to the moon in Hawaii」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日やっと借りれましたこのDVD!
早速みてみたんですが、フワフワした雰囲気のライブでしね。
「the melancholic」は、「疾風の乱痴気」の「絵本」に雰囲気が似てますよね。ペポカボチャのころから設楽さんが言っていた「日村は妖怪に見える」というのをそのまんまやってみたコントですよね。あの姿で日村さんが出てきたら、もう水木しげるのマンガの妖怪以外の何者でもないですよねwww

幕間映像の「月とすっぽん」もすばらしかったですけど、やっぱり「日村コーラ」で全てが吹き飛びました。まさかあんなにヒドいとは…。日村の検証シリーズで過去最高の下品さでは無いでしょうか?前に菅家さんが紹介していた「バナナマン史上最高に下品なコント『puka』」以上に下品でした。シチュー食ってる最中に見るんじゃなかったです。最高に笑ったんですけどねw

「赤えんぴつ」も初期のバイオレンスな感じに立ち返った感がありますが、曲も含めてとても良かったです。ただ「好きだ」の後にアレだからな…(しつこい)

やっぱり「ドーデス」の時のラーメンズみたいな感覚だったんじゃないでしょうか?
「美しい物を美しいままに終わらせない」のもまた一つの美学だとだと思うんですけどね。

とにもかくにも、今年上半期、一番笑ったDVDには違いないです。いろんな人にお進めできる内容ですね。
長文失礼しました。

No title

そうですね、ふわふわ。ファンタジー色が強いというか、幻想的な雰囲気の漂っていて。妖怪のコントもねえ、その雰囲気の中で上手く入り込んだといった感じで。僕もアレは、水木しげるマンガの妖怪を感じさせられました。たぶん、蓑(みの)のせいです。

日村コーラはもう…凄いですよね。あれで全部吹っ飛びましたよね。せっかくイイ雰囲気だったのに、あれでもう全リセット。でも、それがバナナマンならではというか、らしいというか。「ドーデス」のラーメンズみたいな感覚というのは、よく分かります。ラーメンズはその後、美しいままに終わらせてしまう方向に行ってしまいましたが、バナナマンはどうなりますかね。

No title

今調べてみましたが、どうも「the melancholic」は今年の爆笑ヒットパレード(説明不要の正月番組)で披露されていたみたいですね。
その時は最高にグダグダなラストだったらしいですから、やっぱりバナナマンのライブで披露されているコントはTV向きじゃないなぁと思いました。TVであれを披露するのは無謀ですよねwww
本人達がTVオリジナルのネタを作っているくらいですから(別にどっちがいいかってことじゃないんですけどね)

これを書きながらふと思ったんですが、バナナマンのコントって、「ズレていなさそうでズレている人」と「ズレていそうで全然ズレてない人」を魅せるのが凄くうまいですよね。このライブで言えば、「hasty」や「4」とかがそういうコントですが、やっぱりそういう所が関東コント師の中でも一線を超えている証拠だと思います。(まぁ、何を今更感が強い主張ですけどねwww)

No title

あれ、そうでしたか。『Happy Birthday』やってたのは観た記憶があるんですけどねえ。あのコントを正月に…うーん、たまりませんな。そもそも正月にバナナマンっていうこと自体が無謀な様な…w

後半の件については、今ちょっと確認できないのでいつか。

No title

みんなの心の中にいるヒムドンは3年以上前の作品だったのか

No title

「検索ちゃんSP」でやってたんでしたっけ。
そうそう、けっこう古いネタなんですよ。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。