スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『我が家単独ライブ「HOME PARTY2009」』

我が家単独ライブ「HOME PARTY2009」 [DVD]我が家単独ライブ「HOME PARTY2009」 [DVD]
(2009/12/23)
我が家

商品詳細を見る

昨年リリースされた若手お笑い芸人のDVDを振り返ってみると、定期的に「爆笑レッドカーペット」に出演している芸人の単独作が多いということを、改めて思い知らされる。やはり昨今のショートネタブームの発端となった番組だけに、その影響力はDVDショウビジネスの世界においても絶大だ。

中でも、「爆笑レッドカーペット」出演者から選りすぐりのメンバーが集められたコント番組、「爆笑レッドシアター」のレギュラー陣による作品は、突出して目立っていた印象がある。例えばジャルジャルの『ジャルジャルの戯』、ロッチの『ラストベストロッチ』、はんにゃの『はんにゃチャンネル開局!やっちゃうよ!!』等など……2010年以降の活躍も期待できる芸人たちによる自信作ばかりだ。

今作は、そんな「爆笑レッドシアター」にレギュラー出演中のお笑いトリオ、我が家が昨年末にリリースした作品である。我が家が単独作品をリリースするのは今回が二度目となるが、自身の単独ライブを収録した作品をリリースするのは、これが初めてのことだ。

若さ溢れるフレッシュな笑いを届ける芸人や、ひたすら我が道を突き進んでいる芸人たちが出演している「爆笑レッドシアター」において、我が家の存在はかなり独特だといえる。彼らには、若さを感じさせられる新しさもなければ、彼らならではの独創的な笑いもない。三人それぞれの個性はそれなりに強烈だが、それも決して彼らにしか出せない個性というわけではない。彼らの笑いは非常にベタで、オーソドックスなものだった。

勿論、ベタでオーソドックスだということ自体は、決して悪いことではない。それはつまり、彼らが笑いの基本をきちんと理解しているということだからだ。ただ、それが見て取れるということは、あまり良いことではない。ベタでオーソドックスな笑いに、更に、我が家ならではの笑いを生み出していく必要がある。

今作では、坪倉がテンションの高い万引きGメンを演じる『万引きGメン』、悪役レスラーが役に徹しながらも優しさを見せてしまう『ダンプ杉山』などのキャラクターコントから、普段はツッコミ役の杉山が無言で演技を続ける『窓ふき』、あまり目立つことのない谷田部がクローズアップされた『さらわれる男』、坪倉の下ネタに注目したロングコント『下ネタンドリーム』の様な一味違ったコントまで、実に多種多様なコントが展開されている。これらのコントは、まさに我が家が単なるオーソドックスからの脱却を図っているということの証明だった。そして、その挑戦はとりあえず成功していると言えるだろう。

我が家がコントで表現するものとして見出したのは、喜劇的なペーソスだった。近年のコントの様に、斬新さや独自性が売りのスタイルではなく、短いストーリーの中に分かりやすい笑いを散りばめつつ、最後にはちょっとしんみりするようなペーソス(哀愁)。これこそ、我が家が自らのスタイルとして選んだ道だった。思えば、彼らが所属しているワタナベエンターテインメントは、テレビの黎明期にクレージーキャッツを売り出した芸能事務所である。かつて喜劇を売り出していた事務所から、今こうして喜劇の笑いを試行錯誤しているトリオが現れるということは、なにやら時代の巡りの様なものを感じさせられてならない。……知ったかぶり。

何はともかく、自らの方向性を明確に見出すことが出来た我が家。このスタイルは好評の様で、先にタイトルを挙げた『万引きGメン』や『ダンプ杉山』は、既に「爆笑レッドシアター」で披露され、名物コントとして注目され始めている。オーソドックスとベタを武器に、彼らはこれからもお笑いの世界を突き進んでいくことだろう。いや、突き進んでもらいたい。そして、その芸が熟成されていく様子を見せてもらいたい。きっと彼らの芸は、年を追うごとに面白くなっていく。きっと。


・本編(48分)
「オープニングコント」「窓ふき」「万引きGメン」「我が家にかえる」「漫才」「さらわれる男」「ダンプ杉山」「下ネタンドリーム」

・特典映像(20分)
「ゆる我が家」「限りなく透明な谷田部」「下イイ話」「杉山飲み会」「我が家結成50周年記念RADIO」

・副音声
「我が家による副音声コメンタリー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

相変わらずちゃんとしたブログですなあ。

ただ途中、杉山が杉下になってますよw

どーこのだーれかーは、
しーらなーいーけーれーどー
ご指摘あざーす。

ウッ京さんの仕業だな…

No title

我が家はレッシアでキャラコントをやりだしてからいい感じですよね。
特典映像の「杉山飲み会」が気になります。あの悪評高い飲み会そのままなのかw

レッシアメンバーだとフルポンとシャカがなんとなくダブります。芸風そんな似てないのになぁ…。

No title

昔から、ちょっと感動路線のケはあったんですけどね。レッドシアターに出演するようになってから、しっかりとそっちの路線を突き進むようになりましたね。良いですな。特典映像の「杉山飲み会」は、まさにその飲み会そのままの映像が坪倉さんのナレーション付きで収録されています。もちろん、あのメガネの男もいますよ(笑)

フルポンとシャカ、確かに雰囲気が似ているような?

No title

このDVDの「我が家にかえる」が怖いと、2chの怖いネタスレで話題ですよ。どんなコントなんですか?
(我が家のコントで怖いといえば、旅館と学園祭だと思うんですけどね・・・。密かにレッシアのDVD化を望んでいます。スリーシアター時代は、地方在住だったので、とぎれとぎれにしか見れなかったんです)

No title

怖い…ですかね。一応。でも、話としてはかなりベタな感じなので、そんなに怖いっていうほど怖い感じじゃないですけどねえ。うーん。「我が家にかえる」を簡単に説明すると、谷田部さんが実家に帰るとお父さんが蛙に呪われているという…うーん、怖いかなあ?

「旅館」と「学園祭」は未見です。侍チュートのDVD化も決まったので、レッドシアターもとっととDVD化されてしまえばいいのに。

No title

今気づいたんですけど、この我が家の単独ライブのDVDを出すならオンバトでのDVDはまだ出さなくていいか出さない方がいいのかもしれませんね。

なんか買う気がしないというか・・・ちょっと引っかかるんですよね。

なぜオンバトでのDVDが出されたんでしょう?
出すなら三拍子とか磁石とかもっと昔に出てた人たちを出した方がよかったのに。

No title

まあ、収録されているネタはまったく違いますからね。若手芸人として奮起していた「爆笑オンエアバトル」期と、芸人として新たなるステップを踏み出した「爆笑レッドシアター」期として区別してみると、面白いかもしれません。

オンバトのDVDが出るのは、ただ単純に「爆笑レッドカーペット」での活躍が評価されてのことでしょう。同じ日にオンバトDVDをリリースする予定の“超新塾”“キングオブコメディ”も、赤絨毯で評価された芸人ですし。

三拍子や磁石あたりの芸人さんにも出してもらいたいですよね。2007年以後は出場していないキングオブコメディが出せたので、この辺の人たちにもチャンスがあると思っているので、とりあえず待ってみたいとは思うのですが。むむっ。

No title

侍チュートDVDになるんですか!?意外だなぁ。
そこまで視聴率を取っている番組とは思えないんですけど・・・。(前にも書いたように、好きなんですけどね)
杉山飲み会の映像、見てみたいですね~。あの片桐そっくり男も出ているときいて、見たくなりました。
旅館のネタと、家探しのネタ、ソフト化されないかな・・・

No title

「侍チュート」何気に人気があるんでしょうね。まあ、人気がなかったら、一年も続かないとは思いますが。目指せ、ゴールデン。杉山吞み会映像は、なかなか悲惨ですぞ。杉山さんがリアルなダメさです。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。