スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バカリズムライブ「キックオフ!」』

バカリズムライブ「キックオフ!」 [DVD]バカリズムライブ「キックオフ!」 [DVD]
(2009/12/23)
バカリズム

商品詳細を見る

すっかりピン芸人として、その存在が世間に浸透してしまった感のあるバカリズム。このところはネタを披露する職人型芸人としてではなく、タレントとしてバラエティ番組に出演する機会も増えてきた。それでも、『はねるのトびら』に彼が出演しているのを見たときは、結構驚いた。そういう番組から一番離れている芸人だと思っていたからなのだが……。意外なフットワークの軽さである。人見知り芸人のくせに生意気な。

そんなバカリズムの最新作『キックオフ!』。『生命の神秘』『科学の進歩』『勇者の冒険』と、漢字が多くて堅い印象の残るライブタイトルばっかり冠してきたのに、ここにきて急に『キックオフ!』って。なんだかとっても似合わない。パッケージのバカリズムを模しただろうサッカー選手キャラも、何処かヘンテコで胡散臭い。まあ、どうせ深い意味はないんだろうけど。過去の単独ライブでも、基本的にタイトルを無視した感じの内容だったし。ヒネクレてるよなあ。まあ、そういうところが好きなんだけれども。

再生。一本目のネタは『初FIFA者』。いつだったか、関根勤と優香が司会進行を務めているネタ番組で、バカリズムがこのネタを披露しているのを観たことがある。サッカーの知識も無ければ興味も無いバカリズムが、FIFA国際連盟の会長になって次々とサッカー界をトンデモない方向に改革していくというコントだ。『キックオフ!』なんてタイトルの単独ライブなのに、初っ端からサッカーに対する興味が微塵も無いということを表明したコントを持ってきたことにも驚いたが、それよりもテレビで思いっきり爆笑させられたこのコントが、オープニングコントだったということに驚いた。通常、単独ライブのオープニングコントというのは、いわばプロローグ的な軽めのコントであることが多い。そこにこれだけのクオリティのコントを持ってきたということは……それだけ内容に期待できるということなのだろうか。

予感は的中。身体の一部に異常を発見した中年男性が苦悶する姿がペーソスに満ちた笑いを誘う『弱の中年』、R-1ぐらんぷり2009決勝の舞台で披露されて話題となった『1年D組 地理バカ先生』、生々しい主観でどっかで聞いたことのあるようなエピソードが語られる『このあいだばなし』、テレビで特集されることになった万引きGメンが調子に乗って業界人ぶってとんでもないことをしてしまう『万引きGメンターテイメント』など、一本一本が非常に完成されたコントがズラリ。これまでのお笑いで何度も取り上げられてきた題材なのに、これまでのお笑いとはまったく違った雰囲気の笑いが、そこにはあった。

その中でも、特に目を引いたコントがある。そのコントのタイトルは、『なんとかかんとか』。このコントは、バカリズム扮する父親が、テレビを観ながら受験勉強をしている息子に説教をするシーンから始まる。父親曰く「そういうのをな、“ながら勉強”って言うんだぞ」。テレビを観ながら勉強をしている息子に対する言葉としては、割と普通だ。その後に、こう続ける。「そんな“ながら勉強”で大学受験に挑んで、お前“やったね合格”できないぞ?」。言葉の雰囲気としては、先ほどの“ながら勉強”に似ている“やったね合格”。しかし、そこには妙な違和感が生じている。この違和感が、たまらなく面白い。

これ以降も、バカリズムならではの言葉遊びが続く。“がっくり不合格”“ほれみたことか結果”“やむをえず浪人”“とりあえず予備校”……なんとなくのイントネーションで次々と綴られていく新語たちに、こちらのハートは掴まれっぱなしだ。しかも「“あとあと後悔”するぞ」の様に、たまに新語が普通の発言の中に飲み込まれてしまう様な変化球的展開もあって、まったく飽きさせない。こういう言葉遊びをさせると、バカリズムは本当に上手い。コンビ時代にも『屋上』という天才的なコントをやっていたけれど、その頃から未だに才能が衰えていないということは、もうちょっと評価されてもいいのかもしれない。

6月にリリースされた『勇者の冒険』にイマイチ満足できなかった僕だけれど、その不満は今作で完全に解消された。とにかく一本一本のクオリティが高すぎる。それ故に全体のバランスが悪くなってしまっている感は否めないけれど、純粋に芸人のネタを観たいという人なら間違いなく満足出来るのではないかと。もちろん、バカリズムの芸風が好きか否かという点は重要だけれど。でも、これは面白かったなー。3月にリリースされる予定の『バカリズム案』も楽しみ。


・本編(60分)
「プロローグ「初FIFA者」」「~オープニングテーマ~」「弱の中年」「1年D組 地理バカ先生」「このあいだばなし」「コーナーっぽく言ってみようのコーナー」「なんとかかんとか」「万引きGメンターテイメント」「ホイッするべきもの」「~エンディングテーマ~」

・特典映像(9分)
「僕のサッカー豆知識」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「なんとかかんとか」は、去年レッドシアターに出演したときに披露していました。
あれはお腹かかえて笑った・・・流石バカリズムです
DVD買おうかしら^^

No title

「なんとかかんとか」最初見た時はつまんなかったと思ったんですが、後々くる物がありますね。中盤のラッシュをかけちゃってただの片言の日本語になっちゃった所で腹筋が壊れました。
バカリズムの名前通り、バカなリズムのネタでしたね。

No title

>>Ishidaさん
これに限らず傑作揃いなので、オススメしますよん。

>>五歛子さん
あそこの流れイイですよね。ニヤニヤしちゃいます。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。