スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『爆笑オンエアバトル』一月二十二日放送感想文

コア『漫才:十年目』(489kb)
コンビ歴十年目で若手芸人をやっている自らの状況に対して、愚痴りまくるボヤキ漫才。カンニングとブラックマヨネーズの漫才を混合させて、その両方の良い部分だけを取り上げたような内容で、それなりに面白かった。ただ、同様に劣化カンニングのスタイルを取っている漫才師は、他にも数多く存在しているので、そこと上手く差別化できるかどうか。

ラバーガール『コント:アンケート』(361kb)
飛永さんが大水さんのアンケートに答えるという導入で始まったコントにも関わらず、アンケートに答えるくだりが殆ど無く、最終的に大水さんによる飛永さんの写真撮影コントになるという、なんだか支離滅裂な内容だった。普通にアンケートコントだと思っていたので、かなり拍子抜け。ただ、大水さんが飛永さんをファッション雑誌風に撮影するというシチュエーションは、考えてみると結構面白い。でも、やっぱり拍子抜け。

天津『漫才:浮気』(369kb)
ツッコミの木村さんのお嫁さんが浮気をしたら、ちゃんと叱れるかを演じてみせる漫才コント。木村さんのツッコミはちゃんとしているのに、向さんのボケのキレが悪くてぐだついている感じ。浮気をしているシーンがメインであるにも関わらず、なかなか浮気現場のシーンにならないというのも、観ている側をもたつかせてあまり良い印象を残さない。結成十年目を迎えたコンビというのは、往々にして味が出てくるものだけれど、ここはどうも伸び悩んでいる印象。もうちょっと自らの持ち味を活かすことが出来ればいいんだけどなあ。

上々軍団『漫才:ついてない日』(457kb)
鈴木さんが「ついてない日」のエピソードを語るが、岡見さんがそれよりも酷いエピソードを話すというしゃべくり漫才。岡見さんのテンションと、いちいち登場してくる小泉さんの天丼ボケが、なんとなくホーム・チームの『交通事故』のネタを彷彿とさせた。まあ、似てないんだけど。知り合いとじゃれあう岡見さんが面白くて、最後までニヤニヤしながら観てしまった。一皮剥けたかな? 投票。

トップリード『コント:飲み明かした朝』(385kb)
彼女に浮気されてしまった和賀さんが、友人の新妻さんとヤケ酒を飲み明かした朝、どうやら二人がオソロシイ関係になってしまったらしい……というコント。ネタの良し悪しは置いといて、どうしてオンバトでこんな下ネタコントを(笑) なんだろう。ラーメンズの『ブラザー』を意識したのかな。ドラマ仕立てのよく出来たコントだけれど、ボケの数が少なさが気になった。このタイミングで持って来たということは自身作なんだろうけど、オンバト向けではなかった気が。面白かったけどね。投票。

ミスマッチグルメ『漫才:子どもの頃の遊び』(449kb)
海外ドラマにかぶれたじゅんいちが、子どもの頃の遊びについて話す。かつては“ロバート馬場ちゃんとドランクドラゴン塚ちゃんのコンビ”という印象があった彼らだが、馬場ちゃんの方は海外かぶれキャラになって、塚ちゃんの方は痩せて全然違う顔になっちゃったなあ。ネタは、かつて髭男爵がやってた漫才の焼き直しみたいな内容。今回はまあまあ数字を稼いだけれど、今後も上手くオンエアできるかどうか。……広げかた次第か。

ハイキングウォーキング『コント:スポーツ用品店』(493kb)
鈴木さんが店員をしているスポーツ用品店に、グローブとスパイクとバットを買いに来た松田さんが来店するシチュエーションコント。レッドカーペットでお馴染みの言葉遊びを駆使した鈴木さんのボケに、まったく外れることのないキレのある松田さんのツッコミがズバズバ決まり、気付けば笑ったまま終わっていたという感じ。ちょっと前まで彼らがやっていたシチュエーションコントとはすっかり様変わりしていて、めちゃくちゃ面白かった。このレベルなら、チャンピオン大会での活躍にも大いに期待できる。投票。

こりゃめでてーな『漫才:焼き芋屋・逆に』(493kb)
焼き芋屋さんの喋りかたをイジり倒した話から、「逆チョコ」が発端となった逆の話へ。接続詞で繋がった二つの言葉を入れ替えて、まったく違う意味にしてしまうという細かいボケを勢いよく積み重ねていくことで、大きな笑いにしてしまったという印象。テンポは良いし、ネタのチョイスも悪くないんだけど、最初の焼き芋屋のくだりがイマイチだったので、今後「逆の話」のバリエーションが無くなってしまったとき、かなりしんどいことになってしまうのではないかという危惧も。

・オフエア組
オテンキ(357kb)
カレー(321kb)
ドレッドノート(265kb)
あきげん(229kb)
セーフティ番頭(201kb)
オキシジェン(189kb)
ヴィンテージ(177kb)

小ボケ先生で人気を集めているオテンキ、ボーダーのラバーガールと僅かボール一個差で敗退。事務所の先輩であるラーメンズと類似したスタイルを突き進んでいるカレー、今回はオフエア。前回のオンエアで波に乗れそうな雰囲気のあったあきげんも、今回はオフエア。以前はちょくちょくレッドカーペットでも見かけたヴィンテージ、オンバトではなかなか勝てない。好きなんだけどなあ。

・オンバトプレミアム
ますだおかだ、東京03、キングオブコメディ、流れ星によるバラエティコーナー。また、大喜利回答の為のゲストとして、トリオになったカンカラが出演。増田が「女の子は何処行ったんやー?」とイジる。
 
・視聴者投票
ハイキングウォーキング(2,439票)
こりゃめでてーな(1,759票)
ラバーガール(1,371票)
上々軍団(1,172票)
トップリード(1,054票)
コア(863票)
天津(663票)
ミスマッチグルメ(306票)

ハイキングウォーキングが圧倒的支持を得る。確かに面白かったし、僕も投票したんだけれど、ここまで差がつくとはなあ……意外とチャンピオン大会での活躍に期待できるかもしれない。意外といえば、会場審査ではボーダーだったラバーガールが、視聴者投票では一気に支持を集め、「視聴者投票一位バトル」への出場を決定するという結果は、個人的にかなり意外だった。会場審査がボーダーだった芸人が視聴者投票一位バトルに進出するのって、初めてのことじゃないかなあ。一方、会場審査では高評価だったコアとミスマッチグルメは、それぞれ低めの結果に。ああいう芸風を好まない視聴者が多いんだろうな。多分。

・次回(視聴者投票一位バトル)
アームストロング
アルコ&ピース
スーパーマラドーナ
ダブルブッキング
パンクブーブー

ブロードキャスト
マシンガンズ
ラバーガール

というわけで、一部では「2009年のM-1よりも面白そうなメンツが揃った」と言われている“視聴者投票一位バトル”が遂に開催。確かに、メンバーだけを見るとかなりお笑いマニアにはたまらないラインナップ。それにしても、このメンバーのうち何組がチャンピオン大会に出場できるんだろうか。なんだかよく分からない。通常収録の流れを汲むのならば、トップ通過した芸人と、視聴者投票で選ばれた芸人の計二組が進出するとか? うーん……謎だ。具体的なところでは、M-1王者になっちゃったパンクブーブーの動きが気になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ラバーガールの内容が

概要を読んでるだけで笑ってしまった。
4分間でどんだけ内容が飛ぶんだよと。

6月以降、オンエアバトル見てないんですよねー。
2回、トライアウトの見逃して以来、なんか冷めちゃって。
録り逃しやすい今年度のスタイルは合わないみたいです。

今回の中で見てればよかったと思ったのはラバガとハイウォだけだしなぁ。

No title

ミスマッチ低すぎますね。
妥当といえば妥当なんですが。
ここまで投票数がひどいならなんで449KBもとれたんだろうという感じがしますね。

視聴者投票1位バトルは多分2組だと思いますよー
ファイナルが90分(正確に言えば88分)らしく、OP8分+ED7分+(15組(仮に2組だとしたら)×5分)=90分(それでも2分足りないw)
なので2組じゃないんですかね?

結局次の放送を待たなきゃならないんですね。。。
待ち遠しい・・・

No title

>>佐々木さん
ファッション誌のアンケート、みたいな設定だったかもしれません。今回の収録では、上々軍団が結構面白かったですよ。芸風の転換期なのかもしれません。或いはただの気まぐれか(笑)

>>ザ・69さん
会場審査は場の空気で大きく左右されますからね。今回はグダグダだった天津の後だったので、通常より点数が高くなったのかもしれません。時間的には余裕を取ると思うので、放送時間が90分なら一組だけなのかもしれませんね。とにかく待ち遠しいです。誰が勝つかな?

No title

何か月一になってから、300台でOAする人が多くなってきてますね。今回は特にですけど、笑いの量とボールの量がかみ合ってない回が多いというか・・・。またサマースペシャルとか合同コントとかをすればいいのに・・・。合同コントをまとめてソフト化してくれないかな。やっぱり、権利関係が難しいのでしょうか?いっそのこと、オンバトOB芸人ばかり20組くらい集めて、OBオンバトとかすればいいのに。

トップリードはもうちょっとボールが入って良かった様な気がします。新妻さんはラーメンズに憧れてる?んでしたよね。あんな感じのネタだったら納得できます。構成がうまいですよね。ラーメンズの器用不器用の様な、最後ですべてをぶちこわすあの感じと言うか・・・。なんで今までOAしなかったんだろう?運が悪かったのかな?

パンクブーブーはどうなるんでしょう?M-1とオンバトを両立させた芸人さんは数少ないですからね。やっぱり、オードリーやイワイガワのように辞退をする(させられる)のでしょうか。

そうそう、お笑い番組つながりで一つ。もう既にご存知かもしれませんが、エンタの神様が3月いっぱいで終了するそうです。ネタの質が悪いとはいえ、東京03や、陣内智則さん等の『もうテレビではあまりネタをやらない』オンバトOB芸人さんのコントが見れた貴重な番組なのに・・・。進む方向さえ間違えなければ、かなり良質な番組だっただけに、惜しいです。

No title

そういうボールの動きが予想できないのも、「爆笑オンエアバトル」の面白いところ…サマースペシャルはまたやってもらいたいですね。ソフト化は事務所のアレコレで面倒臭いことになりそうなので、たぶん無理でしょうけど。江戸むらと坂コロの四人ショートコントとか、割と好きだったんですけどねえ。

トップリードは本当、急にオンエアされるようになりましたね。なんででしょうか。「10カラット」のレギュラーに選ばれたことで、一皮むけたのかしら。…関係無いかな。パンブーは、出るんじゃないかという話が出回っていますが(収録がだいぶ前に決まっていたんだから、スケジュールは空けているだろうという)。実際に収録してみないことには、分かりませんよね。

エンタが終了するという話は、一応存じております。思想的には敵対する番組ですが、やっぱり終わってしまうと思うと寂しいものがあります。時代の終わりを感じるといいますか。というか、結果的にM-1王者やKOC王者を輩出した番組が、このタイミングで終わるというのも変な話…あんまり視聴率を稼げなかったんですかね。

No title

敵対する番組ですが・・・>僕もエンタは嫌いでしたが、やっぱり終わるとなると少し寂しいです。初期の頃は面白かったのに。進む方向さえ間違えなければ・・・

オンバトがかなりリニューアルするらしいですね。リニューアル内容の概要を見ましたが、何かスケールダウンをしている様な・・・迷走してる感が否めないのが残念です。

No title

後になって考えてみると、「敵対」という言葉はお互いが敵視していないと成立しませんでしたね。というわけで、一方的に敵視します。とはいえ、お笑いブームの一端を支えていた番組として、評価せざるを得ない部分はあると…って、さっきから偉そうですね(笑)

オンバトのリニューアルの件、もうちょっと詳細が出てから慌てふためくことにします。とりあえず「オンエアバトル」で続けてくれれば、それなりのものは見せてくれる筈…たぶん。

No title

エンタもイロモネアも終わり、オンバトもリニューアルですか。お笑いが廃れはしないだろうけどさすがにある程度落ち着く感じですかね。1週間にイロモネアとレッカペとエンタがやってて次々と新しい若手が出てくる異常な状態は終わり。
まあ不景気もあってさすがに酷使しすぎた感じはありましたよね。この1年くらいは実はそんなに新しい人たちも出てきてないし頭打ち感も。

数出す時代が終わる代わりにそろそろ若手で有望なのには冠を持たせてあげてほしいと思います。タカトシとチュートくらいですもんね。中堅も大物もいつまでもどかないし。

No title

それでも、今のブームの中心にある番組「爆笑レッドカーペット」と「あらびき団」はまだ終わらないみたいなので、まだまだお笑いブームが終わる気配がないというのが、なにやら末恐ろしいものを感じさせられますが。オンバトの放送が始まって、もう十一年目ですからねえ。そろそろ下火になってくれないと、こちらの懐もからっからになってしまいます(笑)

このお笑いブームで活躍した芸人で、全国放送の冠番組持っている芸人さんというと、確かにタカトシとチュートくらいしか浮かびませんねえ。あ、青木さやかが番組持ってましたか。でも、もう放送終わりましたっけ。テレビ局が器用な若手にしか仕事を回さない印象があるので、もうちょっと挑戦的になってくれればなーっと思ってます。あと、若手の先輩たちも、そろそろ雛段から降りろと。のさばるな!

No title

やあ

どうやらオンバト+の収録は10組の中から5組オンエア方式に戻るみたいですね。1日2回分収録っていうのも一緒で。ひょっとしたら1日1回分収録があるかもしれませんが。
コーナーはどうするんでしょうか。ネタの制限時間が4分に削られるかもしれませんね。

No title

はい

そうみたいですね。週一ペースに戻るのは、嬉しいようなしんどいような。最近ちょっとお笑いに対するモチベーションが下がってきているので、週一のオンバトにきちんと対応できるか心配でなりません。ネタ時間が短くなるのは辛いですねえ。変なところショートにしなくてもよかですたい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。