スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『よゐこと一緒にコントライヴ ~カッちゃんテッちゃん千秋ちゃん。ついでに来たのがTKO~』

よゐこと一緒にコントライヴ ~カッちゃんテッちゃん千秋ちゃん。ついでに来たのがTKO~ [DVD]よゐこと一緒にコントライヴ ~カッちゃんテッちゃん千秋ちゃん。ついでに来たのがTKO~ [DVD]
(2010/02/24)
よゐこ

商品詳細を見る

『よゐこと一緒にコントライヴ ~カッちゃんテッちゃん千秋ちゃん。ついでに来たのがTKO~』を観た。よゐこのコントに勝俣州和・千秋・出川哲朗・TKOの五名が客演する、というコンセプトの合同ライブを収録した作品である。披露されているコントの大半は、過去によゐこがライブで披露してきた古いネタばかり。つまり、コント師としてのよゐこが培ってきたコントの数々を、タレントとしてのよゐこの人脈によって集められた人々が演じているというわけだ……と、考えてみると、なかなか興味深い。そうでなくとも、日頃はテレビを中心に活動している人々が舞台に上がる、ただそれだけでも興味深い。とにもかくにも、興味は深まるばかりである。

通常、ユニットコントといえば、それぞれ違った個性を持つ者同士のぶつかり合いによって生み出される化学反応に期待が寄せられるものだ。例えば、バナナマンとおぎやはぎによって結成された“宇田川フリーコースターズ”、エレキコミックと片桐仁(ラーメンズ)によって結成された“エレ片”、椿鬼奴やくまだまさしといった個性派によって結成された“キュートン”などは、そんな期待に応えるかのような化学反応を生み出してきた。そして、今回の作品にも、同様の化学反応を期待していたのだが、今回はあくまでもよゐこのソロライブという名目であったためか、客演による演技は非常によゐこのコントに忠実なものばかりであった。

そんな中、自己主張の強い“演技”を見せていたのが、出川哲朗である。出川は今回、よゐこの代表的なコントの一つ『キン肉マンのマネージャー』に出演した。このコントは、試合前にキン肉マンのマネージャーがマスクを忘れてきてしまったことが発覚し、キン肉マンに延々と説教されるというもの。通常ならば、キン肉マンの役を濱口が、マネージャーの役を有野が演じているのだが、今回はキン肉マンを出川が、キン肉マンのマネージャーをよゐこの二人が先輩マネージャーと後輩マネージャーとして演じている。

元のコントがそうであったように、今回の特別なコントにおいても、有野マネージャーは失礼な態度を取り続ける。それに対し、出川キン肉マンは怒りを隠さない。徹底的に怒りの態度を表し続け、気付けばそれは出川本来の天然を浮き彫りにしていく。そんな出川の天然を、よゐこの二人は反省の態度を見せているフリをしながら、どんどんイジリ倒す。それはまさに、テレビで何度も観てきた、よゐこによる出川イジリそのものであった。どこまでが台本でどこからがアドリブなのかも分からない三人による怒涛のやりとりは、コント本来の面白さを超越し、単なる“出川イジリ“として昇華していったのである。というか、単に出川をイジリたかっただけか君ら。

あと、個人的に、TKOのコント師としての技術力の高さには、些か驚かされた。木本のツッコミも木下のボケも、バラエティ番組ではそれほど活かされていないように思うが、こうして台本の存在する舞台の上で披露されると、やはりその技術は卓越されている。キングオブコント2008決勝進出は伊達ではないのだと、改めて考えさせられる演技だった(木下のコント師としての演技力の高さは、最後の集団コント『葬儀屋』では、少しばかりジャマになってしまっていた気もするが……)。

ジャケット写真が修学旅行を模していることが意味しているように、今作はとにかく皆で楽しくライブをやっているという、ただそれだけの作品に仕上がっていた。それ故に、よゐこのコント本来の面白さを楽しみたいという人には、不満の残る内容になっていたといえるだろう。こういう作品もたまには楽しくていいのだが、次回はきっちりとしたコントも観たいような気もする。次回作に期待。


・本編(123分)
「オープニング」「主任」「ゾンビ」「キン肉マンのマネージャー」「銃社会200X」「葬儀屋」「エンディング」

・特典映像(50分)
「リハーサル風景」「本番終了後 打ち上げ」「出川哲朗のイイ話」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TKOの話題が出ていたので少しだけコメント。

個人的にテレビ、主にバラエティーにおいてのTKOの立ち振る舞いやポジションは好きじゃない(むしろ嫌い寄り・・・)なんですけど
先日TKOゴールデン劇場3のDVDを見て、コントの面白さ・上手さにビックリしました(笑)

シリーズ物なのに1が一般市場に回ってないので敬遠されてる方もいそうですが、長尺のネタは相当面白いんじゃないかと。
ただ逆に、木下さんのボケも木本さんのツッコミもライブ映像だと映えてるのになぜにテレビだとあんまり冴えないのか不思議ですが・・・

No title

TKOは自分たちを売り出すために、ダウナーな部分を晒し過ぎてしまった気がしますね。まあ、嫌われることも、ある程度は売れるために必要なことなんでしょうけれども。ちゃんとした技術があるのに売れなかったのは、そういったイヤラシー部分がジャマしていたからなんじゃないかと思ってみたり(笑) 今回ちょっと紹介しそびれましたが、今作の特典映像では出川さん・勝俣さんの二人に、木本さんがイジられる場面が収められていました。

あと、ライブの実力とテレビの実力って、不思議とイコールにならないんですよね。TKOの場合、まだまだテレビ寄りの実力がついていないんじゃないかなあ、と。あんまバラエティで彼らのことを見ないので、ちょっと分かりませんけどね(笑)

No title

見たことないネタばかりだったんで、個人的には全部面白かったですね。
ただ、いつものよゐこのコントと比べると、アドリブ性が高かったかなという感じ。
「ゾンビ」や「キン肉マンのマネージャー」は劇団型の完全にカッちゃんと出川が動かしてましたし。

個人的には「銃社会200X」が面白かったかなと。
欲を言えば、「有野が完全に弱い立場に回る」展開がほしかったんですけど(未遂が1回だけだったんで)。
このメンバーでは千秋は「よゐこと完全に同等な位置にいる唯一の人間」だと思うので。
(カッちゃん・出川・TKOは同じお笑いの畑にいる関係で若干上下が見えてしまいますから。)

No title

元ネタを知っているか知らないかで、かなり印象が変化するライブだといえるのかもしれません。僕は一応、『ゾンビ』以外のコントは元のヤツを見たことがあったので、「皆で楽しく」という印象が残ったのでしょう。たぶうん。カッちゃんはどっちかというと『葬儀屋』で本領発揮していたように思います。観客に挑発的な態度を取るあたりとか。

千秋は初舞台だったらしいので、やっぱりそれがちょっとよゐこにフォローしてもらうカタチになってしまった要因なんじゃないかなあ、と。特典映像では「よゐこを頼りにしていたのに、二人とも目が泳いでた」と言われていましたが(笑)
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。