スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NON STYLE LIVE 2009~M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー~』

NON STYLE LIVE 2009~M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー~ [DVD]NON STYLE LIVE 2009~M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー~ [DVD]
(2010/02/24)
NON STYLE

商品詳細を見る

NON STYLEによる単独作品第四弾(単独ライブを収録したものとしては三枚目)。前作は全国6大都市を巡るツアーだったが、今作では更にその範囲を広げ、全国14都市を巡るツアーとなっている。2008年にリリースされた『NON STYLEにて』以後、年に一度のペースで新作DVDをリリースしている彼ら。もはや新作リリースの常連であると言ってもいいのかもしれない。

それにしても、相変わらず安定感のある面白さである。彼らの本分といえば漫才だが、今回はコントの完成度が高かったように思う。中でも、石田が自分勝手なアルバイト候補を演じる『竹林十五郎』と、井上が通常の数倍ほどにイキっている定番キャラクターコント『刑事』が、深く印象に残っている。実は漫才師としての才能よりも、キャラクターを活かしたスタジオコント師としての才能に秀でているのかもしれない。「爆笑レッドシアター」あたりに出てくれないものだろうか。(ちなみに、石田は志村けんと同じ誕生日らしい。なんたる偶然)

もちろん、漫才の完成度も高い。M-1グランプリ2009決勝の舞台で披露されていた「みねうち」と「不良漫画」のネタも収録されている充実ぶりだ。特に「みねうち」は、M-1決勝で披露されたバージョンよりも長く、非常に楽しめる内容に仕上がっていた。……つまり、M-1決勝の舞台で披露されたバージョンは、今作に収録されているバージョンのショートカット版だったということなのだろうか。……なにやらM-1グランプリ2006のフットボールアワーに感じた違和感を彷彿とさせられるが、あまり考えないことにする。うむ。……そういえば、あの年も優勝コンビはパーフェクト達成していたなあ……うむ。今作には、この「みねうち」と「不良漫画」以外にも三本の漫才が収録されているが、この二本に比べると少し劣る感。本当に良いネタをM-1に仕込んできたんだと、改めて納得。

そんな本編よりも、更に面白かったのが特典映像の『催眠術』。この特典では、普段は井上をイジる立場にある石田が、催眠術をかけられることによって、徹底的に井上からイジられまくるという映像が、延々と一時間以上も収録されている。まあ、これが面白い。口にする言葉が全て「ドラゴンフルーツ」になってしまう石田、ワサビを抹茶アイスだと言われてバクバク食べ始める石田、トイレットペーパーを万札だと思わせられる石田、そして特典映像のためだけに呼ばれた大物ゲストに対してブチ切れてしまう石田……テレビ的にアウトな気がしないでもない衝撃映像の数々は、僕のちょっと人間として機能してはならない感情をズキズキと揺れ動かしたような気がした。この映像を観るためだけでも、この作品には手に入れる価値がある!


・本編(88分)
「漫才1(無人島)」「コント:チェリー」「漫才2(ヤンキーを更生する先生)」「コント:竹林十五郎」「漫才3(みねうち)」「コント:一千万円」「漫才4(デートで寝坊)」「コント:指」「コント:刑事」「漫才5(不良漫画)」

・特典映像(118分)
「ツアーオフショット映像」「催眠術」
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[DVD] NON STYLE LIVE 2009 M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー

NON STYLEはいろんな意味で今までのM-1優勝者のセオリーを覆したコンビだと思います。人気は準優勝のオードリーに持ってかれるし、優勝した翌年のM-1に参加しちゃうし、なにより一番テレビに出なければいけないはずの2009年に、数か月に渡って漫才ツアーを敢行してしまう?...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

感想UPお疲れ様です。
ちなみに井上さんは加藤茶さんと同じ誕生日だそうです。

No title

マジですか!うわっ、ちょっと背筋ゾクッてなりました!凄い偶然!

今回はコント

私も今回コントが印象的でした。他の芸人さんの中には漫才にもコントにも
転用できるネタを持っている方もいるのに、ノンスタのコントは、漫才と全く違うネタで勝負している。
ここでも自ら逃げ場を絶って戦っているような気がします。

催眠術ではちょっと井上さんとからませて、石田さんの井上さんへの本音を引き出してほしかったな、と思ったのですが、それやっちゃったら今後やりにくくなりそうですね。(^^;) 憧れの女性に迫られても彼女のことを忘れない石田さんは女子からは高得点。

No title

コントでのキャラクターを活かした漫才とか出来そうなのに、応用しませんよね。「あくまでも自分たちの言葉で」とか、イキッてるのかもしれませんが。いや、それは単純に“ポリシー”というべきですかね。ふふふ。

催眠術は変にコンビ同士のアレコレを絡ませなかったのが、逆に良かったなあと。それがあったら、あそこまで単純に笑える映像にはなっていなかったのではないか、と思うので。彼女の件もそうですが、催眠術にかけられた石田さんは本当に大人でしたね(笑) 人間ができてるー。

No title

さすが彼らの実力はすごいですね~
漫才ならではなくコントまでも。
しかも石田はR-1の準決勝までもいってますからね~

ホントどこまで才能を秘めてることやら・・・

いずれ彼らがM-1、S-1、KOC、R-1(多分それは無理だと思うが)全てのキングになって前人未到、史上最強の統一王者(信長みたいな)存在になってくれればなとぼくは願ってます。

で、本題なんですが、これ僕買おうとしています。
でも前作2つまだ集めてないんでどれを先に買えばいいか検討中です。これ一番最初に買ったほうがいいとおもいますかね?

それにしてもお金は尽きないんですか?(笑)

No title

>R-1
ああ、そうなんですか。
麒麟の川島さんみたいに、いつか決勝行けたらいいですねえ。
…そういえばR-1の感想、完全に放置してるなあ…。

>全てのキング
物凄い批判が飛んできそうですがw
いや、それくらいの活躍してくれたほうが、面白そうな気がします。
…いろんな意味でw

三作品ともクオリティは安定しているので、
どれから観たほうがいいというのは無いかなあ、と。
ただ、彼らの成長が見られるという意味で、
「爆笑オンエアバトル NON STYLE」がいいかと。

このライブ、実際に岩手まで観に行きました。

漫才は流石でしたし、確かに今回コントもクオリティ高かったですねー
なんだかんだ言って、イキる井上さんと、それをからかう石田さんの構図は面白いです。

ライブとの違いも感じたいので、DVD観てみようと思います^^

No title

DVDいいですよー。
漫才やコントは勿論のこと、
特典映像の「催眠術」は本当にお勧めです。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。