スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっから見てもキレイキレイ

 27時間テレビ終盤、『めちゃイケ』が絡んできたので「あ、これは何かやるんだろうなあ」と思っていたら、さんま&岡村の愛車がビートたけしによってペンキまみれにされ、更に当人たちと若手連(宮迫・ホリケン・小島ら)もペンキまみれになり、オマケにたけし運転のさんま車に今田が轢かれるという悲劇を目撃する。

 ここまでくると、笑える・笑えないではなく徹底的に狂気的な空間を楽しむ状態になっており、実にたまらなかった。あそこまでメッチャクチャにすれば、苦情もエラいことになると思うが。なんだかんだで、ああいう狂気的な空間はたまらんね。ただ一方で、さんま・たけしの二人がメインでやるという大義名分が無いと出来ない時代なんだなあ、と寂しい気持ちになったりもした。

 しかし、最も狂気的だったのは、ペンキまみれになっていたにも関わらず、コマーシャル後にはフツーに「カムバック爆笑列島カーペット」で司会を務めていた、今田耕司。何かを破壊するという狂気よりも、その破壊を無感動的に受け止めてしまう狂気のほうが、どうやら強烈なインパクトを残す模様。時代の転換を見た。

 個人的には、たけしが待つスタジオに駆け足で移動するさんまの前を歩き、最終的に「どけ!」と言われてしまった小野まじめ(クールポコ)の心の傷が気になるところ。やっちまったなあ……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さんまさんの花婿

お笑い初心者の私は、車の一件に「めちゃイケ」が用意したさんまさんと岡村さんの結婚式に(二人とも衣装が白)乱入した今田さんが、見事にさんまさんをさらっていったという図を見ました。
CM明けに司会だったとはいえ、さんまさんのそばに居たのは今田さんでしたし。
器物損壊といえばめちゃイケのお家芸ですけど、今田さんはそれを越えたと思いました。
確かに何かが変わりました。

あの惨劇をバックに卒業の「サウンドオブサイレンス」が流れたら最高過ぎるwww

ちゃんと出るところは出て、引くところは引いてた若手芸人達を「死んでいた能無し共」ってバッサリ斬っていた意見が多くて、まだまだリアクション芸はチームプレイだと浸透していないんだなあと、その点が物凄くがっかりです

そんな中で、立派に中間管理職を成し遂げ、どの方位からも叩かれなかった今田耕司にはしびれた

>>クワバラさん
なんつー面白い例えですか!(笑) 岡村さんも頑張ったんですけどねえ。たけしの車に飛び込んだりしていて。でも、さんまともたけしとも番組で共演している今田さんの方が、分がありましたね。もっと若手だった頃に、タモリ以外の大御所とも絡んでいってれば、こんなことには…。

>>sinyapos氏
確かに、あそこで若手芸人が飛び込むと、ゴッチャゴチャになりすぎて、「たけしvsさんまvs岡村vs今田」という構図が乱れてしまいますね。ただ、若手にハッスルしてもらいたいという人の気持ちも、分からなくもないですが。でも、若手が自前の衣装を汚す姿は、ちょっと哀愁を匂わせてしまうし…(主に髭男爵)。その中で、裸という利点を利用した小島よしおは、もうちょっと褒められても良いと思います。ハイ。

今田さんは、このところの「爆笑レッドカーペット」での内輪的イジリっぷりがちょっと気になっていたところでのアレだったので、僕もちょっとシビれましたね。混乱前の立ち回りから、コマーシャル後の司会ぶりまで、全てが最高。たけしと並んで、助演男優賞モノでした!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。