スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』五月二十一日放送感想文※滋賀収録

かまいたち『漫才:悪質な訪問販売』(453kb)
悪質な訪問販売を上手く断る方法。前半は“悪質な訪問販売を上手く断る方法”をテーマにしたオーソドックスな漫才を展開させているだけ、という印象。無個性、無味無臭。後半、山内が訪問販売員の役になって、幾らか個性も見られたが、これといって引っかかるものは無し。以前はもっと山内の奇妙なキャラクターを漫才に活かしていたような気がするが……この一年のうちに、変化してしまったのだろうか。

マシンガンズ『漫才:流行り』(453kb)
巷で流行っている「手相」「パワースポット」「健康食品」に対してツッコミを入れる。「手相」のくだりでの「そんなの理想論だね!」に苦笑い。ただボヤキまくるだけではなく、ああいうアクセントが加えられるようになると、ちょっと漫才に変化がついていいのではないかと。ただ「健康食品」のくだりで、寺門ジモンのことを「ウチの先輩の……」といってしまったのは、なんとなく内輪話の臭いを感じさせられて、あまりいい印象を受けなかった。この辺りのバランスが意外と難しい。ネタとしては、全体的に薄味だったような。おそらく話題に一貫性が無かったためだろう。

ななめ45°『コント:鬼コーチの鬼コーチ』(489kb)
野球部の鬼コーチを指導する鬼コーチのコント。鬼コーチが生徒を指導するたびに、鬼コーチの鬼コーチが鬼コーチのことを指導するという流れが、去年オンエアされた『祖父と父親と息子の再会』を彷彿と。その時は設定の面白さもあってそこそこ楽しめたが、今回のオンエアは設定がコントとしてはオーソドックスでイマイチ楽しめず。半ばでの“怖さ→春風亭小朝”のくだりは、下らなさすぎて笑えたけれど。このトリオはややフォーマットにこだわり過ぎる傾向がある。もうちょっとくだけた方が、コント師として成長するのではないかと思うのだが……。

スマイル『漫才:火事現場』(457kb)
火事の現場で活躍すればヒーローになれるのではないか、という流れから漫才コントへ。とにかく漫才のテンポが速く、それでいて動きを多用する点から、思わずキングコングの漫才を彷彿とさせられた。漫才師としての実力はキングコングの方が幾らか上だが、キングコングに比べてスマイルの漫才はツッコミのイジりが上手い印象があり、今後の伸びに期待が出来るのではないかと。ただスマイルは、キングコングのフォロワーで落ち着いてしまうコンビではない。もう少し、自分たちの漫才を模索する必要があるかもしれない。

のろし『漫才:しょうもない遊びを告白に使う』(473kb)
子供の頃にやっていたしょうもない遊びを、女性への告白に使ってみる。要するに、子供の頃にやっていた遊びを、彼女への告白に置き換えただけで、特に新しさはなし。松竹芸能所属ならではの漫才師としての地力の強さは感じたが。終盤、告白する相手を「きらきら星」のメロディに乗せて、米に例えることで、どうにか追い上げたという印象。でも、はっきり言って、面白くはなかった。オジンオズボーンの後釜みたいなポジションなのだろうが、雲泥の差としか言いようがない。要努力。

ぼれろ『コント:結婚相談所』(501kb)
結婚相談所に老人がやってくる。老人が老人らしからぬ言動を取るという、かなりオーソドックスな設定なのだが、そこに落ち着くことなく、様々な要素を盛り込んだ実に混沌としたコントに仕上がっていた。面白いというよりは楽しいタイプのコントで、内容はそれほど頭に入ってこなかったが、ただコミカルで楽しかったという印象だけが残った。最後の渡辺の笑顔は、なんか妙な後味を残したなあ……。

・今回のオフエア組
オテンキ(333kb/791票)
ペパーミントの風に吹かれて(293kb/697票)
囲碁将棋(245kb/854票)
ツィンテル(197kb/322票)

最近そこそこ名前が売れてきたオテンキ、キロバトルは安定しているのだが意外と勝てない。東京のちょっとシュールな芸風で知名度を上げつつあるツィンテルは、二回連続最下位。あまりオンバト向きな芸風ではないということか。ペパーミントの風に吹かれてと悩むが、ツィンテルに投票。投票の結果、囲碁将棋が+1に決定!

・オンバト+:少年少女『コント:OLクイズ』(293kb)
ランチタイムにOLクイズに興じる二人。雰囲気で展開していくOLクイズが、じんわりと面白い。「山」「川」「豊」「は」「鳥羽」「一郎」「の」「弟」のくだり、視聴者投票での十秒ネタ披露でも見たが、改めて見てもやっぱり下らなくて面白い。コントが特に展開しないため、その世界観に入り込むことが出来なければ、永遠に理解することが出来ないという弱みはあるものの、彼女たちは既に完成されてしまっている気もする。下手にイジらず、このまま突っ走っていくが吉か。

・次回
アジアン(3/7)
オジンオズボーン(7/12)
スピードワゴン(15/20)
パックンマックン(17/24)
ペナルティ(12/14)
ますだおかだ(17/17)

次回は「オンバト+プレミアム」。『爆笑オンエアバトル』時代の常連たちが、バラエティコーナーでその実力を発揮する。……アジアンだけは常連じゃなかったと思うのだが、その辺りのことはどうなのだろうか。好かれているのだろうか、スタッフに。むむ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。