スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジャルジャルのすじゃら』(2015年12月16日)



2015年10月7日から12月23日にかけて12週連続でリリースされる、ジャルジャル自選コント集の第十一弾。

うっかり肩をぶつけてしまった相手はタチの悪そうなヤンキーだったが、その脅し文句の言い回しがちょっと変わっていて……『言い回しが珍しいヤンキー』。キャラクターが濃すぎる高校生の南が、今回は生徒会長に立候補した友人のために応援演説をすることに『南~応援演説~』。とても厳しい漫才師の元に弟子入りしている男は、どれほど師匠が止めさせようとしても、決してぶりっ子を止めない!『師匠とぶりっ子弟子』。友人の話を笑いながら聞いていた男の様子が、だんだんとおかしくなっていく『笑ってんの?』。財布を落とした高校生を見かけた男は、彼のことを過剰に子ども扱いしてくる鬱陶しいヤツだった『高校生を子供扱いする大学生』。ピアニストの演奏に合わせてモデルがウォーキングに次ぐウォーキング『ピアニストとモデルのコラボ』。リビングでくつろいでいる男の家に、奇妙なファッションの男がうっかり入り込んでしまう『変なやつが入室』。以上、七本のコントが収録されている。

『言い回しが珍しいヤンキー』は彼らの言語センスが大いに反映されているコント。脅し文句が芸人の一発ギャグみたいな扱いになっていく展開が下らなくて面白かった。『南~応援演説~』では『ジャルジャルのうじゃら』に登場した彼が再登場。シチュエーションは違うけれど、やっていることは大して変わらない。その軸のブレなさがなんだかちょっと嬉しい。『師匠とぶりっ子弟子』は最後の師匠の一言に全てが集約されている。そんなに彼を独占したいのか……! 『笑ってんの?』は短めのネタなので割愛。『高校生を子供扱いする大学生』はそのウラに漂う悪意が充満しているコント。とても不条理で、理不尽で、だからこそ面白い。『ピアニストとモデルのコラボ』は、実際にありそうなパフォーマンスのノリを再現している。ノリに乗っている人って、どうしてちょっと滑稽に見えてしまうのだろう。『変なやつが入室』は個人的に本作のベスト。福徳演じる“変なやつ”のビジュアルもさることながら、その変なやつをだんだんと渇望するようになっていく展開が実に楽しかった。そして、あのとてつもないオチ……!

これらのコントに加えて、特典映像として『師匠とぶりっ子弟子』に登場したぶりっ子弟子が初舞台を踏むまでを追ったドキュメンタリー「いつかの晴れ舞台へ~師弟の絆~」を収録。ぶりっ子弟子のクセの強さは引っ掛かるものの、師弟制度に身を置いている漫才師のドラマとしてはベーシックな展開を迎えている。それより驚いたのは、これまでの特典映像にさりげなく登場していたあの男が思わぬカタチで登場したということだ。なるほど、しかし、そうなると、どうして彼は色んな場所に……?


■本編【30分】
「言い回しが珍しいヤンキー」「南~応援演説~」「師匠とぶりっ子弟子」「笑ってんの?」「高校生を子供扱いする大学生」「ピアニストとモデルのコラボ」「変なやつが入室」

■特典映像【14分】
「いつかの晴れ舞台へ~師弟の絆~」

きけ たけはるのこえ

浪曲師として知られる国本武春氏が亡くなった。



55歳だったそうだ。冗談じゃない。幼いころから現在に至るまで、脳味噌に唸り声を刻み込むだけ刻み込んで、そのままいなくなってしまうなんて、とんだ藝惜しみじゃございませんか……。

2016年1月のリリース予定

27「ナイツ独演会 顎を引いて頑張れ。
27「うしろシティ・ラブレターズの居残り学級会 ~あの日みんなが見た青春を僕達はまだ知らない。~
27「TKOゴールデン劇場5

新年あけましておめでとうございます。嘘です。まだあけてません。ちょっと気が早かったですか。まあ、いいじゃないですか。どうせ、あと一週間で年が明けるんですから。……すいません、嘘です。一週間後もまた2015年です。こういう、どうでもいいようなことを、のんべんだらりと言いながら年末年始を過ごしていきたいと思います。これはホント。そんな新年一発目のラインナップは、このような感じになっております。なんとなく少ないように感じられなくもないですが、「ウルトラ怪獣散歩 ~大阪/お台場/尾道・宮島 編~」、「内村さまぁ~ず vol.59」(60巻、61巻も同時発売)、「人志松本のすべらない話 第28回大会完全版」、「クレイジージャーニー」など、バラエティ方面がなかなか充実しているので、バランスの問題だと考えれば、納得も出来るかと。あと、私はチェックしませんが、「チハラトーク#11」のリリースもありますので、宜しければ。

解散。

解散ラッシュが続いている。

まず12月14日に、マセキ芸能社所属のお笑いコンビ・ツィンテルと浜口浜村が、事務所主催のライブで解散を発表。ツィンテルは俳優としての経験を下地としたコンビ。これといった芸風を持たないコンビだったが、海外へ旅立とうとしている女性への告白を渋っている友人を彼女が行く国に関する料理名を会話に交えながら説得するコント『旅立つ君へ』は妙に記憶に残っている。下らなくてバカバカしいネタだったなあ。

浜口浜村のネタはそれまで観たことがなかったのだが、解散の発表後、Twitterでフォローしている方からオススメの漫才を教えてもらった。あからさまに偽りのプロフィールでキャラを立てようとする二人が、自分たちが嘘をついていたこと、本当は彼らが“浜口浜村”ですらなかったことを告白する『自己紹介』と、浜村が自らのストーカー気質を告白するのだが、そのストーカー相手が自分自身だということが発覚、浜村は完全に自らを見失ってしまう『ストーカー』。どうしても大衆芸能として分かりやすくシンプルな内容になってしまいがちな漫才という手法で、とことんディープでマイノリティな笑いを追求する姿勢に衝撃を受けた。そして、ここまで面白いネタをやっておきながら、ライブ界隈でしか話題になっていなかった現状に驚いた。

続いて、12月19日、人力舎所属のお笑いコンビ・ザンゼンジが事務所のホームページで解散を発表。若手芸人の登龍門『オンバト+』で高い評価を獲得し、個人的には『キングオブコント』の決勝戦に進出できるレベルのコントをやっているように感じていたコンビだったので、ここの解散には本当にビックリした。『声変わり』『付き人』など、奇妙で不思議なコントがとても面白かったのだが……。コンビとしての限界を感じただけで、これからも二人は芸人としての活動を継続するということなので、今後の活躍に期待したい。

そして12月22日、人力舎所属のお笑いコンビ・S×Lが事務所のホームページで解散を発表。こちらも『オンバト+』で高く評価されていたコンビである。但し、クセの強いコントで注目を集めたザンゼンジに対し、S×Lはとことんキャラクターの魅力を揺るぎないフォーマットを作り込んだ手堅い漫才を演じていたコンビだったので、ここの解散にはいよいよ驚いた。こう短いペースで驚かされると心臓に悪い……。キリッとしているようで実は相当なかっこつけたがりな酒井啓太と一見すると愚鈍だが隙あらば酒井の立場をグイッと追い込んでいくしょうへいのやりとりは安定感があって、とても面白かったのだが……。

「続けていれば売れていた」とは断言できない。ただ、惜しい。無責任に、そう言うしかない。

『こそこそチャップリン』第12回(2015年12月19日)

■インポッシブル22
「必殺技出ちゃったシリーズ」。一週勝ち抜き。日常的なシチュエーションにおいて、『ドラゴンボール』の登場人物である孫悟空の必殺技「かめはめ波」とピッコロの必殺技「魔貫光殺砲」の動きをしたときに、実際に技が発射されてしまった場合を表現したショートコント。ネタの構造はシンプルだが、過剰なのに妙に的確な演技の迫力で引き込まれる。それでいて、意外と構成がしっかりとしているので、流れに飽きがこない。観客が法則性を理解しきったところで、最後に「そこで技が出るのか!」なオチが出される上手さ。ああ楽し。

■サンシャイン池崎【08】
「空前絶後」。延々と続く名乗り。こちらもインポッシブルと同様、単なるバカに見えて、実はちゃんと構成を練り上げているタイプの芸人。名乗りの内容の下らなさと、名前を言いそうでなかなか言わないという手堅さの組み合わせが良い。各芸能事務所から命を狙われている、キャッシュカードの暗証番号のくだりなどは、とてつもなく面白かったのだが、結果は惨憺たることに。インポッシブルの後だったことと、オチがちょっとユルめだったことが低評価に繋がったのかもしれない。

【ふきだまりのコーナー】
うしろシティ、プー&ムー、アンバランス、シンボルタワー、ニューヨーク、マツモトクラブ、馬鹿よ貴方は、勝又、横澤夏子、大福、スーパーニュウニュウ、おかゆ太郎、ヴィンテージ。考えるときに可愛い顔になる女を披露した「横澤夏子」、この状況における立ち回りについて事務所の先輩である土田に訊ねる「ヴィンテージ」をクローズアップ。

■ジグザグジギー【09】
「お会計」。二週勝ち抜き。喫茶店のお会計を相手に押し付け合う。序盤、お会計ボードを池田の股間に押し付けるというナンセンスボケが、まったく観客にハマらなかったことが致命的。単なる下ネタと思われたのか。その後のやりとりで少し取り返していたが、超魔術の後の「何故、営業部なんかでくすぶっている!!!」というツッコミで再び無風状態に。彼らのコントは基本的に入口でちゃんと観客を引き込めないと、ちょっと取り返しが難しい……とはいえ、ここまでウケないものかと、少し驚いた。

■ヤーレンズ29
「不動産屋」。二週勝ち抜き。不動産屋のネタをする前に……。今回もネタに入る前の雑談漫才。無秩序に展開する雑談の中に「俺の知り合いのマタニティがね」「今ちょっと頭が吹き飛んだだけ」「プロのフリーター」などのワードでしっかりと観客を引き込み、最後は「思い出せない歌がある」というシンプルなボケでカチッと笑いにはめ込む。ああ、面白かった。3週勝ち抜きで年末特番への出演が決定。

次回の出演者は、アンバランス、インポッシブル(二週勝ち抜き)、ジグザグジギー(三度目の挑戦)、シンボルタワー。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。